カジノで人気のある音楽とはどんな曲?

カジノで流される音楽は、一般的に、雰囲気を作り出したり、心地よい気分を維持したりするために使用されます。あるパターンの音楽は、ギャンブル欲求を増加させたり、常連のお客さまに快適さを提供したりすることが実証されています。ポピュラー音楽は、過去数十年にわたって進化してきたにもかかわらず、今日のポピュラーカジノ音楽には、ラスベガスの黄金時代に人気があった多くのジャンルが組み込まれています。BGMにしても生演奏であっても、カジノで音楽を流す目的は、カジノとそのお客さまに合った雰囲気を作り出すためなのです。

ところでこれは、実店舗型のカジノに当てはまるだけでは有りません。オンラインカジノを楽しむ時にも、このような音楽を切り離すことはできません。ただし、実店舗型のカジノでは、カジノプレーヤーは1カ所で様々なゲームをプレイできます。そのため、実店舗型のカジノで流される音楽は、オンラインカジノゲームに使用するのと同じように、個々のゲームごとにサポートするような使い方をすることはできません。

カジノで実際に演奏される音楽の種類については、以下でさらに詳しく説明していきます。

,

スローミュージック

ラウンジミュージック(Lounge music)は、1950年代から1960年代のラスベガスで最も有名な音楽ジャンルのひとつであり、今日でも世界中のカジノで広く採用されています。穏やかで落ち着いた雰囲気のラウンジに、落ち着いたBGMが作り出されるため、カジノの常連客に快適であり、プレイヤーはギャンブルに集中できます。現在でもラウンジミュージックは、穏やかで落ち着いた雰囲気作りのために、ほとんどのカジノで1日中流れています。

ところで、落ち着きを感じさせるのは、ラウンジミュージックだけではありません。穏やかでテンポの遅い音楽は、プレーヤーをリラックスさせます。ロックやファンク、ロマンチックなピアノ曲も、カジノでよく聴かれるスローミュージックのジャンルです。

アップテンポの音楽

カジノでは、1日を通してスローミュージックを流すことが一般的ですが、夜になると、パーティー会場のような雰囲気が必要になります。活気に満ちた明るい音楽は、カジノの夜の雰囲気に最適なのです。アップテンポの音楽には、熱狂的でワクワクさせるリズムがあり、カジノ全体にスリリングな雰囲気を作り出すことができます。

ある研究によると、人間はアップテンポの音楽を聴くと、ギャンブルへの習性がより激しくなるデータがあるようです。そのため、カジノでは、ハウスミュージックやエレクトロニックダンスミュージックなど、アップテンポの音楽ジャンルが人気です。いくつかのカジノでは、宇宙時代のポップやロックンロールのような、ハッピーな音楽まで流しています。こうしたテイストは通常、各々のカジノの全体的なコンセプトによって決定されます。

生演奏/ライブ

カジノでの生演奏は、より多くの人を惹きつける可能性を持っています。著名なミュージシャンやエンターテイナーが生出演するとなれば、非常に多くの人々がカジノのバーを訪問するきっかけになるでしょう。カジノ内で人々は、スローミュージックやアップテンポの音楽を生演奏で聴くことができますからね。一方、ミュージシャンやエンターテイナーは、聴衆に合わせたり、時間帯を考慮したりするなどして、さまざまに曲を組み合わせ、その場に適した雰囲気を作り上げていきます。

人気のある音楽ジャンルには、ジャズ、ターコイズ、ポップロック、さらにはアグレッシブなロックも含まれます。 最近では、DJプレイもカジノで人気が高まっているようです。アップテンポのテクノ・エレクトロニックが、DJプレイでしばしばプレイされています。